【試験に役立つ左脳型速読術】 受験、ビジネスシーン、さらには英語の速読にも具体的に対応する速読法の特徴、口コミ


◆【試験に役立つ左脳型速読術】 の概要

速読術で東京大学法学部・ 大学院、
多くの難関」資格試験合格、外国語40カ国語習得

松平 勝男さんの
【試験に役立つ左脳型速読術】 受験、ビジネスシーン、

さらには英語の速読にも具体的に対応する速読法が発売になりました。

1日1時間のスキマ時間で読解スピードを10倍にした速読術です。

受験、資格試験等に効果を発揮する左脳型速読術

◆【試験に役立つ左脳型速読術】 の特徴

文字情報の取得スピードを上げ
受験やビジネス書、資格試験、語学、などの習得に効果を発揮

・文字や言語、論理的な思考を司る左脳の能力を鍛える方法である

・言語、計算、問題文などの論理的な文章を、
ある流れに沿って脳内で処理していく

・活字を拾って読み進めていくため専門的な本を読む事が訓練にもなる

・速度は右脳型に劣るものの、文章の理解度や
知識のインプット力の面で優れている。

◆【試験に役立つ左脳型速読術】 のデメリット

速度は右脳型に劣る

年齢、性別には関係ないが、個人差は生じる。

速読を身につけるための前提条件として最低限の読解力が必要とされる。

◆【試験に役立つ左脳型速読術】 のメリット

無理なスピードを追い求めるような訓練は必要ない
内容をすばやく把握し、インプットすること

速読のスキルは受験や試験、ビジネス以外にも趣味の読書にも役立てることが
できますが、それぞれのシーンに合わせた使い方がある。

・試験時間も余裕が出てくるのでスコアも上げる事ができます。

・外国語の習得にも役立つのでスキルアップに繋がります。

・ワンランク上の高校や大学を目指せるようになります。

◆【試験に役立つ左脳型速読術】 の口コミ

・高校時代から第一志望大学に向けて勉強していましたが、

不合格という結果で浪人してしまいました。

意を決して速読法にチャレンジしてみました。

知識がどんどん詰め込まれていく感覚で、

楽しくて2週間で3ヶ月分以上の学習ができました。

第一志望である大学にも合格出来ました。

 

 

・大学卒業後に行政書士の試験を一度受けたことがあるのですが不合格で、

自分には向いていなかったのかなと諦めていました。

最後の挑戦としてこの速読法を始めました。

この試験に役立つ左脳型速読術マニュアルはこれまでの物とは違い、

実践しやすい内容で、すぐに読むスピードが上がってきました。

今は行政書士として仕事をしています。

詳しい商品の特徴はこちらのページで見ることが出来ます。

【試験に役立つ左脳型速読術】 受験、ビジネスシーン、さらには英語の速読にも具体的に対応する速読法